読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yoshichika Matsuo

ニュースの先に ~情と論理と正義〜

僕は一体、何を見せられているのか。

  まず、ともかく、僕の一連のtweetを見てほしい。

 

 この「けもフレ」や「けものフレンズ」とは、テレビ東京系列で毎週火曜日25:35~26:05(テレビ愛知では27:05~27:35)に放送されているアニメのことだ。 しかもそれは「すごーい!」や「そうなんだ!」や「全然分からないよ!」などと言った単純な単語を使いまくるゆる〜い何の面白味もないアニメの話だ。だが、僕の一連のtweetで分かる様に、ただのアニメではない。

 確かに、最初は、ただのゆる〜いつまらないアニメだった。自然界に住む動物が人間(女子だけ)化して、言葉喋る様になったという設定。しかもそこに捕食、被捕食関係はない。

興味のある方は、一度、観て頂きたい。

けものフレンズ 1話「さばんなちほー」 - niconico

 ともかく、ここでは途轍もなくゆる〜い、つまらないアニメだったということを抑えてもらえれば、十分だ。

 しかし、見ての通りただのアニメではない。ヒューマンドキュメンタリーとでもべきだろうか。少なくとも、フィクションやアニメといった言葉で片付けられることではない。過去の記憶を失った一人の人間が右も左も分からない状態で人を見つけ、助けてもらい自分が一体何者でどこに住んでいたかを探し、そこへ向かう過程で起きる様々な出来事。そこには、そもそも人類とは何か。人間とは何か。が描かれている。この高度に文明が発達し、ハイテク化した現代社会だからこそ、人がスマホという超ハイテクなもの当然の様に使いこなす自然とかけ離れた生活を当然の様に送っているからこそ、自然と調和する人間の生活とは何か。ヒトとは、つまり、人類とは何かを、今一度立ち止まり考える必要があるのではないかと、けものフレンズは教えてくれた。

 ヒトと人間は違う。人間は人間である前にヒトなのだ。つまり、動物なのだ。ヒトは、この地球上に住む動物動物の一種類に過ぎない。ヒトは、つまり人類とは知恵と勇気を兼ね備え、道具を作り、扱い、そして、目的達成のために協力する動物である。目的達成を確実にするためにより緊密な情報交換、つまりはコミュニケーションが必要になった。それによって言語が発達し、そして、それらのより多くの情報を貯めようとし、その為に文字を覚えた。この辺りからヒトが人間になり始めた。そして、人類は高度に道具を発達させ、いつしか社会に生きる人間という存在になった。しかし、人間がどれ程高度な技術を発達させても、我々はヒトなのだ。だから、自然界に生きる動物である以上、ヒト自体は動物以上のことはできない。いや、できるかもしれない。だが、それはやってはならないのではないだろうか。もう一度、ヒトとして生きることを考え直すべきなのだ。

 ヒトは、自然と調和して生きる。ビルが建ち並ぶオフィス街でパソコンに向かい1日を終える生活のどこが、自然と調和しているのだろうか。本当に人間はこのまま技術を発達させて良いのだろうか。そんな問いを投げかけられた。

 そして、人間にも逆らえないものはあるということを忘れてはならない。それは、自然だ。自然には逆らえない。人間が総て制御できる訳ない。いや、というより、逆らえても、逆らってはならないのだ。制御してはならないのだ。それらの至極当然のことが今、忘れかけられている。

 ヒトとは知恵によって道具を発明し、勇気によって火を得た。それらによって、我々人類は高度な文明が発達した。しかし、それを突き進めてゆくことが果たして正しいのだろうか。そして、もし違うのであれば、手遅れにならないうちに解決しなければならない。一体、人類はどこで間違えたのか 。人類の歴史をはじめから検証する必要がある。そして、その過程で勿論、人類の人間の素晴らしさを再発見することもできるだろう。けものフレンズというアニメで我々は人類の歴史そのもの見せられているではなかろうか。これをを契機に、人類とは、ヒトとは、そして、人間とは何かをもう一度、我々は考え直さなければならないのではなかろうか。

 

 

 

 

 

A LIFE4話は最高だった 1

 あまりにも良かったから、さっきGYAOで改めて見た。それくらいおもしろかった。

 

 

 “自分を認めるのは簡単なことじゃない”

 私自身も最近までそうだった。自分の囲碁を認められなかった。今、私は囲碁1級だ。25級からあるから、そこそこ強い。自分の囲碁を認められなかった。けれども、これを見て、変わった。自分のやって来たことを、自分自身のやって来たことを認めてもいいのだと。現状を評価していいのだと。そう思って、今週は過ごしていた。そんな時だった。

(つづく)

今、囲碁が必要なんだ

 BI時代でAI時代になるとき、人々は遊びを求めると堀江貴文は言った。
だからそのとき、飽きないゲームとして知能を使う宇宙のようなスケールのある囲碁の時代になる。必ず。
 
そして、理由はもう一つある。
既存のメディアの嘘が暴かれ、情報操作がバレた。みんなメディアを信用するのをやめた。民主主義にグローバリズムに平等に疑問を抱いた。
そのとき、彼らは、強いリーダーを、独裁者を求めた。
自分の方を向いてくれるリーダーを。
 
 それがポピュリズムだった。
Brecditが起き、トランプ現象が起きた。その旋風は、フランスをも席捲し始めた。
真実とは何かが疑われ、わからなくなり、どうでも良くなった。
ただ、希望を求めた。
 
 彼らは判断力を失っている。トランプ批判ではない。ポピュリズム批判でもない。
変えようという動きは正しい。変えようという動きは正しい。
でも、トランプ大統領が選ばれたという結果は素晴らしくとも、国民の評価したのは彼の発言と、経営手腕。
でも、本当の彼の素晴らしい部分はそこじゃない。彼は、非常にロジカルで誠実な人間であるところ。
 
 判断力はなくとも、結果オーライだったかもしれない。でも、それでは続かない。
結果オーライでなく、必然でないと。
武豊の騎乗の様に。
彼らは確かなものを求めてる。いや、彼らは求めてる。

でも、今の社会の潮流はそうではない。
けれども、この社会の潮流に乗り、今のポピュリズムが進行すれば、
やがて地球は滅ぶ。
だから、それを防ぐ為に、冷静に自分を客観視する能力を養う為に、
 
今、囲碁が必要なんだ。

年金と生活保護は同じ

 年金と生活保護は全く同じである。

 彼らは国からお金を貰って生活している。

別に責めてる訳ではない。ただ、事実を述べてるだけだ。よく年金受給者は言う。私たちが稼いだお金で私たちは今、年金を貰っているのだ。と。若いときに一生懸命働いた結果、今、それを受け取っている。そして、それを貰う権利が我々にはある。と。だが、それは残念乍ら見当はずれだ。年金は積立て方式ではない。今の現役世代の稼いだお金の一部で賄われている。別に現役世代に感謝しろという話ではない。だが、勘違いしないでほしい。あなたが一生懸命働いて来たとか、今まで年金を払って来たとかは、現役世代にとってはどうでもいいということを。現役世代にとって、とりわけ、若者にとっては、今までどうであったかはどうでもいいということを。

 こういうこと言うと、決まってこう言う。今の日本は我々が作った。と。ならば聞こう。それは正しかったのだろうか。と。確かに経済は発展した。何もない焼け跡から驚異的なスピードで復興し、戦後11年で経済白書にもはや戦後ではない記された。生活環境も激変した。3種の神器と呼ばれた冷蔵庫、洗濯機、テレビが普及し、その後、3Cと呼ばれたクーラー、カー、カラーテレビの3つが普及してゆく。人々は日々の生活で今日より明日が必ず明るいと信じ、それを肌身で実感できた。黒電話は、ポケベルから携帯電話、そして、スマホと飛躍的に技術は進歩し、確かに物質的には豊かになった。けれども……。別に、経済発展が良くないと言っている訳ではない。それらの発展は必要なことであった。けれども、それらの発展のために今まで蔑ろにされて来たことをもう、考えなければならない時に来ている。

 

経済発展のため今まで考えなかった憲法朝鮮戦争が始まり、米軍は吉田内閣に再軍備を求めるも、憲法を理由に固辞。そのため警察予備隊という名で創設され、保安隊となり、自衛隊となった。その所為で、現在、日本では護憲派憲法解釈容認論者という何とも不思議な異常な状態が続いている。他にも終身雇用制度が邪魔をし、社員個人で給与交渉できず、一人あたりの所得は先進国最下位。そして、韓国にまで追い抜かれた。

モンスターペアレントもそうだ。学校を企業と勘違いている。確かに日本の今の教育制度にはかなりの問題がある。twitterfacebookといったSNSで世界と一瞬で繋がれるにも関わらず、日本人しか解けない日本語で書かれた問題文の会話に使えない英語。英語をやるなら、徹底的に会話をやるべきではないだろうか。そして、必要性のない古文、漢文。漢文ならば、孫氏の兵法や菜根譚史記に記された哲学、本質を教えるべきではなかろうか。そして、意味のない暗記。もはや、誰もgoogleには勝てない。人間には、人間のすべきことがある。大事なのはディベートや思考力ではなかろうか。だが、現場には限界がある。なぜなら、文科省の指導要領通りやらねばならないから。だから、文科省が変える必要がある。課題山積である。

 

年金も決して例外ではない。

この問題を考える時、ひとつ忘れないでほしいことがある。それは、今まで使われて来た現行制度はあなた方が現役だった頃に同世代の官僚たちが作ったものだ。恨むなら同世代の官僚を、そして、あなた自身が官僚という道を選ばなかったことを恨めばいい。ただ、ここで述べたいのはあなた方の世代が作られた制度にもう、限界が来ているということ。人口が増える前提で作られた現行制度はもう、成り立たない。そして、年金受給者はこれから増える。年金も生活保護も最低限度の生活を国民が営むために保障されている。現役世代にとって、それらは自らが払った税金を回される対象であり、負担である。そして、国にとっても然り。税収は増えずとも、高齢者の医療費や年金といった形でこれから一層支出が増える。別に、高齢者に死ねと言っている訳ではない。だが、生活保護と扱いは変わらないということを忘れないでほしい。要は、生活保護を批判はできないということ忘れないでほしい。そして、先程も述べた様に何よりこのままでは制度自体が成り立たなくなる。だから、新たな制度が必要だ。その新たな制度についてはまた来週ということで。

 

 

ロシアの時代へ

 世界はロシアの時代となる。

トランプ次期大統領の最近の動向を見ていてそう思う様になった。

 

アメリカ軍はアメリカへ帰る。大英帝国の時代は終わり、アメリカが世界の警察となった。そして、その世界の中心にいたアメリカはアメリカへと帰る。このトップ不在の状況において世界はトップを求める。アジアインフラ投資銀行(AIIB)にヨーロッパ諸国は加わった。ヨーロッパは中国にそれを求めた。そう言うと語弊があるが、少なくとも、彼らにロシアという選択肢はない。中国には覇権を握られるという脅威がない。なぜなら遠いから。少なくとも、彼らはそう思っている。だが、中国を甘く見すぎると痛い目に合う。恐らくAIIBも上手くいかない。だが、彼らにロシアという選択肢はない。

 ヨーロッパ諸国の歴史は常に大国とどう対峙するかであった。というより、大陸にある国とはそういうことである。そして、戦後は常にその対象がソ連であった。今も、然り。それがロシアと名を変えようとも彼らに関係はない。だから、クリミア併合には反対していた。クリミア市民が歓迎しようとも、その次にはバルト三国があり、そして、そこから……そういう脅威が常にある。

 世界の中心からアメリカが自ら去った。世界のリーダーだったアメリカが自ら去った。リーダーのいない組織はまとまらない。だから、リーダーが必要である。トランプに大統領がなるというのはヨーロッパのどこかや中国などではなく、その地位をロシアに譲るという意味である。

 ヨーロッパにとって、とりわけ、大陸においては、ロシアの脅威は常にある。当然、ロシアを軸に世界が回るということを認めない。かといって、今更、イギリスの時代に戻るというのは無理である。だから、ロシアが世界の中心になる。そのロシア帝国の時代が築き上げられる過程において、日本がより早くより強固な関係が築き上げられるかどうかが、日本が外様になるか、譜代、親藩となるかが決定する。その意味で、今回の会談は非常に大きな意義があった。4島での経済活動開始より平和条約締結、そして、ロシアから石油やガスのパイプラインを通すために動き出したことの方が日本経済にとっては非常に大きな意義があった。ロシアは今、大量の石油とガスを持っているものの捌き切れてない。買い取る国がない。だから、より安価な価格で安定的に且つ、大量に輸入できる様になる。もう、中東情勢を気にせずに済む。

 “未来志向”

 そう総理も仰った。今までにない新たな強固な関係がロシアと構築される。アメリカが世界が去るときに日露の強固な関係は始まる。これが、日本の行く末を決める大きな、そして、重要な一歩であった。日露という枠組みが揺るぎない関係へと変化してゆくことは、安倍政権の最大の業績のひとつであることに疑いの余地はない。

 未来へと日露関係が強固に強化されるとき、何も心配する必要はない。むしろ、期待すべきである。新たな関係がロシアと構築されてゆくとき、そこには確かに課題はある。しかし、それを乗り越えてゆく力が、日露にはある。前途多難であろうとも、同じ方向を両者が向いている限り、必ず成功することは、歴史が証明してくれている。大同団結することが肝要である。小さな違いがあろうとも、両者が同じ方向を向いて進んで行き諦めない限り、未来志向の関係は必ず、実現されて行く。今後も、諦めずに、未来を見て前進し続けてゆく日露を一国民として見守っていきたい。

テレビはSNSに負けた トランプの勝因

 ドナルド・トランプの勝利。これをメディアは番狂わせと伝えていた。笑うしかない。 私はトランプが勝つと予ねてからTwitterで言ってきた。そして、トランプの方が日本にとって良いと。トランプに勝ってほしいと。賛同する人はいなかった。以下は私のツイートの一部である。

 

 

 

 

 306対232でドナルド・トランプ勝利。圧勝だった。「番狂わせ」とはよく言えたものだ。圧勝だ。ミシガンでも、ウィスコンシンでもペンシルベニアでもトランプが勝った。ミシガンで民主党が負けたのだ。調子に乗ったエリート軍団は、金持ちたちは貧民層や中産階級、そして、自らの同胞も固められなかったのだ。テレビは終わった。一度目か二度目か忘れたがTrump wonがTwitterで急上昇ワードになった。それを笑っている人がいた。あの討論会はトランプが勝ったのだ。それを独断と偏見でヘドロの一部であるメディア、テレビはその現象を悠長に嘲っていたのだ。それはまるで日本でいうならば桶狭間今川義元の様であった。勝利宣言の後、花火を打ち上げガラスを破る用意をしていたヒラリー陣営と目の前の支持者を一人でも増やそうと奮闘するトランプ陣営。そんな状況にも関わらず、クリントンが勝つ、トランプは害だと言い続け、トランプのネガティブキャンペーンを行なったcnnを始めとするfox以外のマスコミ。日米のマスコミの凋落という言葉では表現しきれない。そして、日本では、トランプ勝利後は掌を返した報道。どんなコメディも今回の報道には勝てない。テレビは完全に判断を誤った。テレビから人心は離れていたのにもかかわらず、彼らはそれに気付かなかった。ドナルド・トランプは勝つべくして勝ったのだ。にも関わらず、である。

 

 算多きが勝ち、算少なきが勝たず

 勝算の多い方が勝ち、少ない方が敗れる。マスコミは自らの力を過信し過ぎた。自らが煽動すれば必ず勝てると。そして、何よりマスコミは選挙人制度を理解できていなかった。全米の支持率ではなく州ごとの支持率が大事なのにも関わらず、それを理解していなかった。固定電話という集計方法はまだ、時代錯誤ではなかった。何故ならそれはヒラリーの方が得票数は多かったのである。メディアの元に集まった情報は正しかった。けれども、それを正確に分析できるだけの能力がもう、既存の新聞やテレビといったメディアにはなかった。だから、彼らは、未だに、隠れトランプなるものの、バカたちの所為でヒラリーは負けたと言っている。しかも、マスコミは投票行動に出た人々に“隠れ”という恰も悪いことをした様な表現する。往生際まで悪い。というより自らの作った幻想から抜け出せない。取り憑かれてしまっている。それはまるで新興宗教にハマって気が狂った信者の様に。だから、マスコミが国民の声に完敗したにも関わらず、それを認められないのだ。彼らにはもう、情報を分析する能力がない。だから、判断を誤った。

 

 ミシガンでなぜトランプ陣営は遊説しているのか?

 選挙中出たこの記事が今回の醜態を晒したマスコミを象徴している。民主党の牙城で崩せる筈もないと。結果はミシガンだけでなく、ウィスコンシンペンシルベニアをトランプが制し、激戦州のオハイオ、フロリダ、アリゾナは総てトランプが制した。国民はヒラリーやワシントンD.C.にNoを突きつけた。にも関わらず、得票数では200万票も差をつけたのだから選挙制度がおかしくて……などと言う人がいるが、それは根本的に間違っている。何故か。それは、America が United States of America であるから。States つまり、州が集まってできたのがアメリカ合州国であるから。州が集まってできたのであるから合衆国ではない。アメリカの州は国並みの権限がある。だから、各州ごとに総取り方式で選挙を行う。その上で、下の2つの図を見て頂きたい。上の図は、各州ごとの選挙人数と制した候補である。下のは細かい自治体ごとの選挙結果である。

 

f:id:YOSHICHIKA_MATSUO:20161116230436p:plain

f:id:YOSHICHIKA_MATSUO:20161117080319j:plain

 

 トランプは殆どの場所で支持された

 これがアメリカの声であり、これが紛れも無い事実。けれども、都会の金持ちたちはそうではなかった。先程も述べたが、マスコミは民衆の声のでは最早なくなったのだ。金持ちの一部になってしまっていた。そして、彼らは自らのことしか考えなくなってしまっていた。これが全てだと思う。彼らは最早、報道ではなくなり、宣伝になってしまったのだ。それも自らの意見を恣意的に押し付けるものになってしまったのだ。人々の理想を伝えていたテレビは、金と権力持ち過ぎ、いつしか自らの理想を語り、押し付ける人々の声から掛け離れたものになってしまった。1960年のアメリカ大統領選がラジオの時代の終焉を告げ、テレビの時代の到来を告げる選挙であった様に、2016年のアメリカ大統領選はテレビの時代の終焉を告げ、SNSの時代を告げる選挙であった。

テレビの時代は終わった。SNSの時代に変わった。そんな時代の変化を告げる選挙であった。